ハムスター029

 

ハムスターには非常にたくさんの種類が居ますが、代表的なものは「ジャンガリアンハムスター」「ゴールデンハムスター」でしょう。ジャンガリアンハムスターの中でも毛色によって「ジャンガリアンホワイト」「スノーボール」などの別名で呼ばれる事もあります。また、珍しい種類としては、長毛種のハムスターなども最近人気を集めています。

やはりハムスターも生き物ですので種類によって個性や性格が違い、飼いやすい種類とそうでない種類があります。ハムスターをお迎えする前にそれぞれの種類の特徴を理解し、適切な飼育環境と知識を学んでおくことが大切です。



スポンサーリンク


 

初心者におすすめの種類は?

ジャンガリアンハムスターとゴールデンハムスターは共に丈夫で人懐っこい性格なため初心者に人気の種類です。ですが、それぞれの種類で性質の違いがあるのでチェックしておきましょう。

 

ジャンガリアンハムスター

ジャンガリアンハムスター001
出典:https://ja.wikipedia.org/

 

初めてのハムスターにおすすめの一つは「ジャンガリアンハムスター」です。サイズも小さく、体も丈夫。その上、性格もあまり怖がるということもなくとても人懐こいので、初めての方でも安心して飼える種類です。手のひらにすっぽり隠れてしまうその大きさがとってもかわいくて魅了されることでしょう。

ジャンガリアンハムスターは毛色のバリエーションも豊富なので、好みの毛色の子を探す楽しさもあります。ぜひペットショップへ足を運んで、じっくり自分の好みの子を探してみてください^^

ただし、ジャンガリアンハムスターは個体による性格の差が激しいことでも有名です。飼いやすいハムスターで定評がありますが、やはりやんちゃで手に負えない子もいれば、なかなか懐かない性格の子もいます。お迎えする前にペットショップの店員さんに聞いてみるようにしましょう。お店で販売されている子の性格を、店員さんが把握してくれているショップで購入することをおすすめします。そのようなペットショップはやはり飼育環境などもしっかりしているので一見わかりにくい病気などの面でも安心です。

 

ゴールデンハムスター

ゴールデンハムスター002

 

ジャンガリアンハムスターに次いで人気があり、飼いやすいと定評があるのがゴールデンハムスターです。ゴールデンハムスターはハムスターの中では比較的大きくなる種類なため初心者にも扱いやすく、体の異変にも気づきやすいです。体が大きいため動きがゆったりでのんびり屋さん、性格もおっとりしてい人によく慣れるところが魅力で人気の理由なようです。

ただし、ゴールデンハムスターは野生では単独行動をしており縄張り意識の強い種類です。複数で飼育することは避けるべきでおすすめしません。複数で飼った場合は最悪死に至りますので、ケージを分けて飼うことが必要です。



スポンサーリンク



 

初心者におすすめしない種類は?

アルビノ(キャンベル)
出典:https://ja.wikipedia.org/

 

ペットショップに行くと時には「珍しい種類」「希少種」というPRをしている種類もいるでしょう。ありがちな種類としては「アルビノ」と呼ばれる色素の薄い品種です。ジャンガリアンであれば、白に近い毛色で、赤い目をしていることもあります。とてもきれいな毛色と希少種という言葉につい惹かれてしまいがちですが、初心者にはちょっと手を焼くかもしれません。

実はアルビノ種は生まれつきやや体が小さく、中には体が弱い場合もあるので健康管理の面で手がかかる事がある上に、性格面でもやや気性の荒い場合があるからです。

初めてのハムスターの場合、扱い方に慣れるまでは力加減が難しかったり、ケージの掃除に手間取ってしまう場合もあるでしょう。ですから気難しいアルビノ種は初心者の方にはあまりおすすめできる種類とは言えません。飼育にチャレンジしてみたいのであれば、他の飼いやすいハムスターの飼育を通して知識や経験を増やしてからお迎えすることをおすすめします。

種類による飼い方の違い、気を付けることとは

ハムスター023

 

ハムスターの種類によって、やや飼い方にも違いがあります。

上でも書いたように、ジャンガリアンハムスターの場合、複数で飼育しても皆仲良く暮らせる性格の場合が多いでしょう。何匹も固まって眠る姿は癒し効果抜群です。ですから、つい複数で飼ってしまいがちですが、雄雌の混同はあっという間に子供が増えてしまうので、気を付けなければなりません。また、ゴールデンハムスターは体が大きいため、運動できるスペースを十分に確保してあげたいです。

ジャンガリアンハムスターのように大勢でまとまって過ごすことが好きな種類もいれば、ゴールデンハムスターのように縄張り意識が強く単独生活がいい種類もいます。単独飼いがよいのか複数飼いが可能か、体の大きさに合わせどのくらいの飼育スペースが必要なのかなど種類によって最適な環境が異なるので、それぞれに合った環境を準備してあげることが必要です。

まずは、自宅でどの程度のスペースの確保が可能なのか?何匹くらい飼えるスペースがあるのか?お世話が出来る時間はどのくらいあるのかをよく考え、相性のいい種類を選んであげましょう。

ハムスターの種類による値段(価格)相場

ハムスター018

 

ジャンガリアンハムスターであれば1000円前後、ゴールデンハムスターの場合は1500円前後、毛色の特殊なパンダハムスターやスノーホワイトなどでは2000円前後など値段の差はありますが、ハムスター全体としては様々なペットの中では比較的安価で購入できます。

以下に代表的な種類の値段の相場を載せておきます。都市部と地方、または種類や毛色によって値段は若干前後します。

併せて、誕生日が分かるかどうかでも値段が前後しますので覚えておきましょう。ペットショップによっては、自家繁殖や契約者からの購入で誕生月を管理している場合もあります。この場合やや値段が高めに設定される傾向があります。

 

種類値段
ゴールデン1000~2000円
ジャンガリアン1000円前後
ロボロフスキ―2000円~
チャイニーズ3000~4000円
キャンベル2000~4000円
キンクマ1500円前後

 

スポンサーリンク

お薦め!
ブログランキング・にほんブログ村へ
 ┣ ハムスター
 ┣ フェレット
 ┣ ウサギ
 ┣ インコ
 ┣ カメ
 ┗ 熱帯魚
お薦め!

 ┣ フェレット
 ┣ ハムスター
 ┗