フェレット001

フェレットの飼ってみたけれど実は餌についてはあまり知らない。そんな初心者の飼い主さんはいませんか?フェレットにはどんな餌をどんなふうに与えればいいのでしょうか。フェレットの餌にかかる費用(お金)は?餌を与えるときの注意事項とはなんでしょう。



スポンサーリンク


フェレットの餌ってどんな種類があるの?

ferret015

フェレットの餌は、ドッグフードやキャットフードのような固形のフードが主流です。でも飼い主さんの中にはササミや生肉を使って手作りフードで育てている方もいらっしゃいます。昔はフェレット専用の餌がなかったのでドッグフードやキャットフードをあげるしかありませんでしたが、最近はフェレット専用の餌の種類も増え、いろいろな栄養素のあるものが販売されるようになってきました。やはりドッグフードなど他の動物専用の餌ではフェレットが必要とする栄養素と異なっている、または不必要な栄養が多くなってしまうので、フェレット専用のフードを選ぶようにしましょう。

フェレットの餌代はどのくらい?

ferret021

我が家は2匹のフェレットと暮らしていて、2ヶ月で大体4,000円前後です。なので単純計算で1ヶ月2,000円弱、フェレット1匹の飼育であれば1ヶ月1,000円程度です。しかし、全てのフードに言えることですが賞味期限が少し短いため、1匹飼いをする予定の場合は小分けになって販売されているフードがおすすめです。そうすれば賞味期限が短くても一気に消費しなくてもよく、衛生的にもいいです。



スポンサーリンク



フェレットに必要な栄養素とは?

ferret008

フェレットはかわいい顔をしていますが本来肉食の動物で、自然界では鳥やネズミ、またはうさぎなどの小動物をつかまえて餌としています。(フェレット以外の小動物も飼っている飼い主さんは要注意です!)そのため、食物繊維を必要としません。食物繊維の多いものを与えると消化不良を起こしやすくなりますので注意してください。

主に必要な栄養素はタウリンで、これはほとんどのフェレットフードにはしっかり入っている栄養素です。フードの主な材料として鶏肉や豚肉、牛肉や鹿肉、七面鳥などがありますが、どれだけ飼い主が「このフード良さそう!」と思って与えてもフェレットの好き嫌いで突然食べなくなったり元々食べなかったりすることもあります。ですので、栄養素を考えて何種類かのフードを候補にあげておいて、その子が好きそうなフードを飼い主さんがしっかり見極めて与えるようにしてあげてください。

フェレットの餌の与え方(時間、量、回数)

ferret024

生後2ヶ月から4ヶ月ほどの小さなフェレットは、1回15グラム程度の固形フードを水で浸してふやかし、朝と夜に1回ずつ与えて下さい。フェレットによって食べる量も様々なため、様子をよく見てあげて1回15グラムが多かったり少なかったりするようなら量を調整をしてあげます。飼い主さんがその子に合った餌の量を把握してあげて、お皿が空っぽでお腹を空かせてしまわないように注意してあげてください。ただし、ふやかした固形フードは傷みやすいので数時間(3~4時間ほど)で食べきれないようであれば新しいものと交換してあげましょう。

生後5ヶ月ほどになれば固形フードになります。フェレットは肉食の動物なので腸が短く、消化時間もおよそ4時間程度と短いです。また一気に餌を食べるというよりは何回にも分けて食べます。飼い主さんが寝る前、朝起きた時、会社から帰る時間(夕方)の1日3回は餌の状態をチェックして、大体その時間帯に消費できる量を把握しておき、お皿に十分な量を入れておきます。無くなっていたら補充するようにしましょう。余ってしまった餌はその都度捨て、新しい餌を与えるようにしてあげてください。

フェレットは夜行性です。ですから夜間に餌を食べることが多いため、飼い主さんが就寝する前にも必ず餌の状態をチェックしましょう。飼い主さんが寝ている間に食べる量も日々観察して、夜間も十分に餌が食べられるようにしてあげましょう。

フェレットに与えてはいけない食べ物とは?

ferret004

犬や猫も一緒ですが、タマネギやネギ類は口にさせてしまうと貧血に繋がるため与えてはいけません。チョコやコーヒーなどのカフェインが含まれている食品も下痢を引き起こしてしまうため禁忌になっています。それからもちろん人間が食べるようなお菓子や食物繊維の多いもの(野菜、果物)は安易にあげないようにしましょう。消化不良、肥満、糖尿病などの原因になります。

餌を与える時の注意点

ferret005

生後2ヶ月から4ヶ月ぐらいまでの小さなフェレットは固形フードを砕く力が弱く、消化力もあまりないため、水でフードをふやかしてあげることが必要です。水でふやかしたフードは腐ってしまうのも早いため、1回の食事で残してしまったものがあれば捨ててあげるようにしてください。

およそ5ヶ月以降は固形のまま与えていいのですが、食いつき具合や便の状態をしっかり観察してあげましょう。人間と同じで食べ物に対して好き嫌いのあるフェレット、アレルギー体質のフェレット等、様々な子がいます。どんな年齢のフェレットであっても言葉を発することの出来ない動物なので飼い主さんがよく観察してあげて、なにか異変があればすぐに気付いてあげることが重要になってきます。飼い主さんが日頃からしっかり見てあげるようにしましょう。

 

スポンサーリンク